【PROFILE】

生年月日:1945年11月3日 出身地:新潟県
血液型:O型

【経歴】
小学校4年生の時からクラシック・ギターを習い、高校1年生の時からジャズギターを勉強し、クラブのジャズバンドに所属する。その後、渡辺プロダクション系列大橋プロダクション所属の「ファイヤーボール」で約2年間の活動を経て、1964年に田村亘の後任としてブルー・コメッツに入った。
井上忠夫と人気を二分していたが、単にルックスだけでなくその完璧なまでのテクニックは多くのギターを志す少年たちの手本となり、また夢を与えていた。
主にブルー・コメッツの中期から後期に掛けての作品など幅広く作曲を担当し、ブルー・コメッツの全盛期を築いた。また、「北国の二人」ではメインボーカルを担当している。
1976年から8年間は、郷ひろみバンドのリーダーをつとめた。1985年よりフジテレビ系の「夜のヒットスタジオ」のオーケストラ指揮を担当
1986年から「三原綱木とザ・ニューブリード」を率いて現在に至る。「NHK歌謡コンサート」、「NHK紅白歌合戦」などのステージで指揮や編曲を担当しており、一方、近年はブルー・コメッツを再結成させ、数々の番組に出演している。
2015年11月15日、HIT STUDIO TOKYOにて自身の70歳古希を祝うスペシャルライブ「三原綱木Happy 70th Birthday LIVE」をザ・ニューブリードのバックバンドと共に行った。
現役時代の経験を、大いに生かした演奏スタイルと、曲への解釈は大勢の歌手たちから「安心して歌いやすい」と定評がある。また、明るくフレンドリーな人柄から若いミュージシャンからも信頼と尊敬を集めており、広い意味での後進の指導に当たってるといえよう。